自分で取り付けてみたい方は、DIYでもやっていただけます。
道具がなくても安心して下さい。弊社が貸し出します!!

またDIYをやってみたいけど出来るか不安。やり方が分からないという方は、
弊社のスタッフが手順を指導させていただきます。

誰でも出来る網戸の貼り替えの手順をご紹介!!
686777313f0ba51af36ca3e94edb9bfa_s

網戸を選ぶときは、色と網の目の大きさを意識して選びましょう。
色はグレーが一般的ですが、黒は網戸を通して室内から外がキレイに見通せます。
外側が銀、内側が黒いコンビの網戸は、外からは中が見えず、内側からは外がきれいに見えます。
網の目の種類は20、24、26、30メッシュのものが多く、1メッシュは「1インチの間に何本の糸が入っているか」を示しています。
小さな虫が気になるところでは、メッシュの数字が大きいものを選ぶと良いでしょう。
網を押さえるゴムは、サッシによって、太さが違うので注意が必要です。
さらに道具としては、押さえローラーがあれば楽に作業が出来ます。

amido-hitsuyo

張替えには以下の商品が必要になります。

  1. 網戸張替えネット
  2. 網戸クリップ(あった方が作業しやすいです)
  3. ローラー
  4. 網戸用ゴム
  5. カッター

 

もし準備するのが大変な方は、弊社にご依頼いただければ、ご用意をさせて頂きます。

STEP1.古いネットを取り外す
DSCF0620

まず、古い網戸からネットを取り外します。
この時に押えゴムでネットが固定されているので、この古い押えゴムの切れ端を探してから浮かせます。
浮かせましたら、そこを引っ張り全体のゴムを外します。

古いゴムが外れたらネットが外れますので取り除きます。

STEP2.新しいネットを準備し、必要な大きさにカットします。
DSCF0623

新しい網戸を準備しましたら、網戸の大きさより余裕を持たせて少し大きめにカットします。
カッターで切っても良いですが、ハサミで切っていただいても構いません。

写真ではカットしたネットを網戸に固定していませんが、カットしたネットを網戸に合わせて、
4辺をクリップで挟み固定した方が作業しやすくなります。

STEP3.押えゴムでネットを挟み込む
DSCF0627

次に押えゴムを使用しサッシの枠にはめ込んでいきます。

押えゴムをサッシの隅に押し込みます。この時に、
押えゴムの端は、隅から5センチ程度余るように押し込んでいきます。

押しこんだら、余った部分の押えゴムをローラーを使用し枠に押し込んでいきます。

後は、サッシの枠にそって、ゴムを押し込んでいきます。

ここでちょっとしたポイント!

右利きの人は時計回りに、左利きの人は反時計回りに作業をしていくと、楽に押えゴムを押しこむことが出来ます。

STEP4.ネットを調整して仕上げ
DSCF0628

押えゴムが一周したらゴムをカットします。
この時に納まりが良くするため、なるべくぴったりにカットしましょう。

カットしたゴムをサッシの枠に押し込みます。
この時にネットにたるみがある場合は、ネットを引っ張りながらゴムを押し込んでいくと綺麗にたるみがなくなります。

押えゴムを押さえ終わったらカッターナイフで余分なネットをカットします。

カットが終わったら網戸の張替えは完成となります。

お問い合わせ